株式会社 相互技研

三次元レーザー計測

三次元レーザー計測について

三次元レーザー計測とは、三次元レーザースキャナを使ってレーザー光を測定物に照射し、反射光を読み取って被写体までの距離を測り三次元データ化する計測方法です。(合わせてカラー画像データも取得できます)

 

1点ごとに座標値を読み取る従来の測量に比べ、対象物を面的に計測して大量の測量点を短時間で取得できます。取得した三次元の測量データにより、解析ソフトを使用してモデル化や図面の作成が可能です。三次元データなので、任意に縦横断を作成できる他簡単に度量計算を行うことが出来ます。

 

この計測方法を用いることで、対処物に接触すること無く三次元データを取得することができるので、立ち入りが困難な場所でも短時間で高精度の測量データを取得することが可能になります。
また、重要文化財や歴史的に貴重な建造物など、破損の危険性が高い物を測量する際には最も有効な方法です。

 

中距離レーザースキャナ:TrimbleGX 3D

性能
測定距離     標準:200m最大350m
スキャン速度   最大5000ポイント/秒
主な用途
建築物や構造物の3D画像化
採石場、鉱山、トンネルなどにおける地上測量
バーチャルリアリティのモデリング用途におけるデータ収集
船舶、加熱炉、タンクなどの寸法計測
大物パーツ等の計測、分析高所や危険部位での計測
コンクリート構造物等の検査、データ化
橋梁などの検査、計測
遺跡、遺構、古墳、石室、神社仏閣等の歴史的建築物
庭園や景勝地、石垣 等々

 

 

 

短距離レーザースキャナ:Vivid910

性能
測定距離  0.6〜2.5m
精度     ±0.008mm

 

主な用途
仏像
出土物

 

 

 

建築物3Dモデル作成工程

 

ヘッダー

 

詳細データの取得

 

ヘッダー

 

日本庭園への取り組み

 

用途として挙げられている中で、特に日本庭園は
「維持管理に利用できる図面が少ない」
「現存するのが一部分であるため全体像を推計出来る3Dビューワーが欲しい」
「リアリティーのある植物の形状再現」
等の観点から三次元レーザースキャナを用いた計測と3DCGシミュレーションが
非常に適しているといえます。その取組についての詳細をぜひご覧ください。

 

ヘッダー

 

CG・各種シミュレーションへ戻る