株式会社 相互技研

CG・各種シミュレーション

写真解析図化

写真測量とは、写真を利用した測定や地図の作成
映像の性質を分析する技術です。
中でもセスナやUAVを使用して上空から測量を行う
航空写真測量は、地上の測量で把握できない広大
な建築物、施設、地形などの全体像をスムーズに
撮影できます。
空中撮影(上空から垂直に撮影)することにより、
あるがままの地上の様子を細大漏らさず撮し取る
事が可能です。
それらを解析し取得した図面を元にモデル化する
事で広大な範囲、かつ精密な3Dが作成できます。

 

UAVから撮影した写真のデータ処理
航空写真からのデータ処理
デジタル一眼レフカメラを使ったデータ処理

 

モデリング

ソリッドタイプ・サーフェイスタイプの2種類のソフト
を使用し、図面(データ)を元に各建築物及び
構造物を3D画像として作成します。
気象・季節・過去に遡っての再現(歴史)、
樹木・草原・岩など困難視されている事象もリアル
に表現可能です。
建築物の豊富な部品群は生産のスピード化と
コストダウンに寄与します。
また、パノラマ画像を作成し、マップやリンクボタン
を使ってバーチャル体験が出来る空間を提供
することも可能です(パノラマVR)

 

図面からの3Dモデル作成
現況3D地形モデルと計画モデルの合成
シミュレーション例
パノラマVR

 

VR(バーチャルリアリティ)

3DCGシミュレーション制作