3DCGとCGによるシミュレーション

3DCG
3DCGは、使用者が仮想的な視点や対象物の変更を操作して直ちに更新された画像を得るCADのようなシミュレーションや、コンピュータゲームのように実時間処理の動画像と、CG映画のように製作者側があらかじめ時間を掛けて動画像を製作しておくもの、そして、静止画の3種類に大別できる。十分に高い技術を用いれば、無生物では実写と見分けがつかないほど遜色のない画像が得られる。

 

動画(実時間処理 リアルタイムレンダリング)
代表的な実時間処理による動画生成の用途はコンピュータゲームである。PCや家庭用ゲーム機からゲームセンターのゲーム機、携帯ゲーム機や部分的には携帯電話でのゲームにまで3DCGを用いた動画像が生成・表示されている。 工業用途では製品の設計段階でCAD/CAMによって部品同士の接続や製品の完成図を描いたり、建築でのパースを描画する目的で利用されている。また、現実世界での運動や周囲状況をコンピュータ・シミュレーションで再現することで効果的な訓練が行える、ドライブシミュレータやフライトシミュレータなども実時間処理での3DCG技術の利用例である。

 

動画(非実時間処理 プリレンダリング)
3DCGによる映画の制作が代表的な「実時間処理ではない」動画生成用途である。多くの映画では、写実的な画像を制作する目的や、反対にマンガ的なアニメーションのように非現実的な画像を制作する目的で利用され、実写との合成映像も含めれば大半の商業用映画に何らかの形で3DCGの技術が用いられている。SF映画やアニメ映画などでは長時間の3DCG画像が必要とされることがあり、そのような場合には、3DCG演算専用の多数のコンピュータから構成される「レンダリング・ファーム」と呼ばれるサーバー施設で数ヶ月単位で動画像の生成が行われる。
広告宣伝用途での3DCG動画像も広告製作会社内やメーカー自身の内部で、映画と同じような環境で製作されている。

 

静止画
広告や芸術、そしてあらゆる種類のイラストレーション用途に3DCGを用いた静止画が製作されている。

 

                                         (Wikipediaより引用「3DCG」)

 

パノラマVR
写真を繋ぎあわせ、180°、360°のパノラマ画像を作成し、その作成した画像を元にパノラマVRを作成することができる。現地に行かずに様々な場所にバーチャルな旅行を楽しむことができ、3DCGによって制作された過去や未来,、設計や計画の世界等へのバーチャル旅行も可能である。風景だけでなく、建物内や自動車の中など、写真撮影できる場所はほとんどカバーできる。